消費者金融でお金を借りる?

4月 18th, 2014

消費者金融でお金を借りることが出来るので、お金に困ってしまった時はぜひ頼ってみてはどうでしょう?
最近では身近になってきているので、女性でも安心して利用することが出来るようになっていますよ。
恥ずかしいと感じる必要はないですし、そう思うのだったらネットや電話から申込むことが出来るのでそちらがおすすめ。
詳しいことを知りたい人は、気になる消費者金融の公式サイトをチェックしてみて。(参考サイト:モビットでの借入れはこちら)


お金を借りるにはまず審査を

お金を借りるには、最初に申し込みをして審査に通過する必要があります。
この審査では、信用情報と個人情報について確認されるので覚えておいてもらえたら嬉しいですね。
ちなみに、信用情報とはお金に関することが記されているので、他社からどのくらい借入をしているのかなどもわかります。
ですから、金融事故者や借入をしすぎている人はお金を借りる事が出来ないようになっているので、気を付けるように。


何のために借りるのか目的を

お金を借りる時は、借りる前にその目的を決めておくのがいいと思いますよ。
なんとなく借りてしまうとか、過度に使いすぎてしまうとそれが癖になってしまいますから危ないです。
目的を決めておいた方が無駄に多くお金を借りる事を防げるので、お勧めですね。

住宅ローンの公的融資でお金を借りる

5月 30th, 2014

住宅購入の際お金を借りるために組む住宅ローンには、まず公的融資を考えます。その上で不足する分を民間住宅ローンで補うのがよいと思います。公的融資には、財形住宅融資、地方自治体融資などがあります。ここでは「財形住宅融資」についての内容等に触れたいと思います。


<財形転貸融資と財形直接融資>

財形住宅融資の種類には、「財形転貸融資」と「財形直接融資」があります。「財形転貸融資」は、雇用・能力開発機構が、財形貯蓄を行っている勤労者に対し、勤務先を通じて融資を行うものです。一方、「財形直接融資」は、勤務先で財形転貸融資を採用していない場合、住宅金融支援機構が、財形貯蓄を行っている勤労者に対して、直接融資を行います。


<主な融資内容>

「財形転貸融資」、「財形直接融資」ともにお金を借りる対象となる者は、財形貯蓄を1年以上継続、残高50万円以上の勤労者であり、申し込み時点の年齢が70歳未満であること。勤務先から5年以上にわたって負担軽減措置を受けられることなどが条件となっています。また金利は、5年固定金利型となっていて、お金を借りる当初5年間は借入申し込み時の金利が適用され、6年目以降は5年ごとに見直された金利が適用されます。融資限度額はともに、財形貯蓄残高の10倍以内で、最高4000万円です。お金を借りる対象は、申込者本人の居住用住宅の新築、購入、リホームが対象となっています。「財形転貸融資」と「財形直接融資」とで違う点は、総返済負担率が、「財形転貸融資」は制限なしですが、「財形直接融資」は年収によって制限があります。また保証人も「財形転貸融資」は必要ですが、「財形直接融資」は不要です。

お金を借りるなら、比べて選ぼう

5月 2nd, 2014

お金を借りることができる場所が非常に多くなっているそうです。今までは少ない金額のお金を借りる場所は消費者金融というイメージがあったかもしれませんが、このイメージも銀行が開始した少額融資のコマーシャルなどで変化していると言われています。


お金を借りるときに何を重視する?

お金を借りるときには何か目的や、そのお金を何に使うかなどが決まっていることと思いますから、できれば自分の目的にぴったりあうローンを見つけるのが理想的、と思う人のほうが多いかと思います。そこで、まずは重視したいことを決めましょう。また返済のときには利息という会社の利益となる手数料も加算されます。この負担は低いほうがもちろんお得になるものですから、利息の安い会社でお金を借りることはとても大事なことになるでしょう。


返済にかかる負担を考えよう

お金を借りることだけでなく、その前に返済でかかる負担などもしっかり考えましょう。まず、返済をどう行うか、何日に返済をするか、などです。返済でATMを利用する場合には、ATMで余計な手数料がかからないところや、返済日がお給料日と近いことなども、返済の負担を軽減するためには非常に大切なことといわれているそうです。

お金を借りるなら銀行がおすすめ

4月 18th, 2014

お金を借りるなら、銀行で借りるのが一番お勧めだと思います。
その理由は、銀行は総量規制の対象外となっているので、年収の3分の1以上の借入が出来るからなんです。
消費者金融はその規制の対象となっているので、3分の1以上の借入が出来ないようになっています。
つまり、年収が少ない人は借入できる金額もその分低くなってしまっているという事なんですよ。


お金を借りる時に必要なもの

お金を借りるには、審査を受けるのですがその審査で必要なものがあります。
それは本人かどうか確認できるもの、運転免許証や健康保険証が必要になりますし、その借入金額によっては収入証明書が必要になるときもありますので、事前にご確認をお願いします。
また、人によっては必要な書類も異なりますから、前もって調べて準備しておくようにして下さいね。


ランキングで比較を

どの金融機関でお金を借りるのか考える時は、ランキングサイトを利用してみて。
気になったところをそれぞれ比較をしてから、自分に合っている場所を選ぶのが大事になってきます。
経済的に負担を減らしたい人は金利を、即日融資をしてもらいたい人は、それが可能かどうかで比較するのが良いでしょう。
他にも比べるポイントがあるので、自分が譲れないものを見比べてみてはどうでしょう?

お金を借りる時は闇金融に注意

4月 18th, 2014

お金に困っていてお金を借りる事を考えているときは、闇金融に騙されてしまわないように気を付けて。
最近はやり方がすごく巧妙になってきているから、だまされてしまう人も増えてきてしまっているみたいなんです。
甘い誘惑に負けずに、最初はその金融会社についてネット検索して調べる癖をつけたほうがいいでしょう。
知らずにそのまま信じてしまって、あとから闇金融だった・・・なんて言う事のないようにご注意を。


お金を借りる時に忘れないでほしい事

お金を借りる時に忘れないでほしいことは、借金をしているのだという事なんです。
最近では、即日融資をしてくれるところが増えてきてお金をもらっていると勘違いしている人がいるみたいなんです。
ですから、もらっているのではなくてお金を借りているのだという事を覚えておいてほしいんです。
あとで必ず返済をしなければいけないので、きちんと返済できる金額を借入するようにして。


評判や体験談を見てみよう

お金を借りる前には、その利用したいと思っている先の評判や体験談を覗いてみるのがいいでしょう。
良いところについても悪いところについてもかかれていますが、どちらも真実なので受け入れるのが大切だと思います。
悪い部分しか見当たらない時は、さすがに避けた方がいいのかもしれません。

女性がお金を借りるならレディースローン

4月 18th, 2014

女性がお金を借りる時は、消費者金融じゃ恥ずかしくて利用できないとか、相手が異性だと緊張してしまうとかっていう人もいるのではないでしょうか?
そういう女性は、女性だけがお金を借りる事の出来る消費者金融を利用してみることをお勧めします。
ここはスタッフも女性が多いので、相談や質問もしやすくていいと思います。
電話のオペレーターも女性なので、初めて利用する人にはすごくお勧めですし安心できるでしょう。


お金を借りる時の注意

お金を借りる時は、自分の返済能力に合わせて借りるようにしてもらえればと思います。
自分が返済できないのに借入をしてしまうのは良くない事です。
返済が出来るように、前もって計画を立てて融資してもらうようにするのがいいでしょう。
また、担当者の人と相談をして借入方法を決めるというのもいいと思うので、初めての人は相談してみて。


女性だからと言って審査は甘くない

女性しか利用できないからと言って、審査が甘くなるという事はありません。
ちゃんと男女平等に審査をするので、勘違いをしないように気を付けて下さいね。
甘い方がいいという人は、そういった場所を前もって探しておくのが良いかもしれません。
一番いいのは、自分に合った場所を選ぶことですから、色々比較をして決めてみて。

お金を借りることは悪い事ですか?

4月 18th, 2014

よく世間ではお金を借りることは良くないというイメージを持たれがちですが、そんなことはないと思いますよ。
お金を借りてちゃんと返済が出来ているのなら、それは悪いことではなくてその場しのぎで活用することが出来ているのではないかと思うのですが、どう思いますでしょうか?
なぜ悪いイメージがついてしまったのかと言うと、以前の過剰な取り立てのイメージが強いからなのではないかと思うんですよね。
イメージを変えろと言われても簡単には出来ませんし、人によってはその一度ついてしまったイメージをずっと引きずってしまう人もいます。


お金を借りる時はどんな時?

お金を借りる時は、遊ぶ時とか何か欲しいものがあって少し現金が足りない時などではないでしょうか?
他には旅行に行く時とか、冠婚葬祭で必要になってしまった時などがあげられます。
何に使うのか決められていなくて自由に使うことが出来るので、すごく便利だと思いますよ。
ただ、いくら便利だからと言って使いすぎてしまうのはやめるようにしましょうね。


もし返済できそうにない時は?

何かの都合で返済が出来そうにない時は、利用先に必ず連絡を入れるようにしましょう。
なぜ返済できないのかその旨を伝えて、返済日を変更してもらうなどの対処をしてもらうようにして下さいね。